お米ハン

ご飯のお話ではないです

ロックバンドの時間だぞ〜ある日の下北沢、ハルカミライ〜


その日の目当ては別のバンドだった。

そのバンドのライブがおわると、少し緊張がとけてお酒をぐびぐび飲んだ。

帰りも雨かなあ、嫌だななんて考えながらボーっと突っ立っていた。

すると現れた本日のトリ、ハルカミライの登場。

そういえば初めて見るな、って余裕に構えていた。


「ロックバンドの時間だぞー!!!」


その声を聞いたその瞬間、つま先からビリビリッとなにかが上にあがってくる感覚。

なんだこれ。なんだ、これ。

棒立ちだった足がいつの間にか動いて前に進んでいた。両の目がステージに釘付けになった。


いっきまーす!!という叫びで、“君にしか”のサビをそこにいた全員が大合唱。拳をあげて、

身体がカッと熱くなった。

たぶんこれはお酒のせいじゃなく、今目の前でライブしてるこのひとたちのせいだ。


「今日俺たちがなにしに来たかわかるか?!」


「俺たちは金儲けをしに来た!宣伝をしに来た!ぜんっぶ嘘です!名曲を歌いに来た!」


今までいろんなバンドの、いろんなライブを見た。その度様々な感情を抱いた。

でもこれは。このひとたちのライブは。

うまく文字に起こせない。

大砲を身体の中心にドーンッてくらったような。

ただ、ただ胸のドキドキが止まらない。

本当に凄いものを見たときは、言葉になんて出来ないってこういうことなんだと思った。


<君には全てをあげるよ >


<だから君の全てをくれよ>


なんて歌詞の“ラブソング”という名の本物のラブソング、どうしようもなく愛しいという感情を抱かずにはいられない。


「見逃すなよー!!」


なんて言っていたけど、見逃すどころか目が離せない。

外の雨のことも、生活のことも、一旦置いておくどころか忘れていた。

ただ、目の前の彼らのライブしか見えていなかった。


紛れも無い「ロックバンド」のライブ。

その目撃者になれた。

また忘れられない日が増えた。

帰りの下北駅でも、ドキドキは鳴り止まなかった。

イヤフォンを耳にあてて、数十分前に思わず涙が出てきてしまった曲を流す。


<ねえサテライト見つけてほしい 私のことを分かってほしい>


口ずさみながら帰り道を歩く。

そういえば、いつの間にか雨はあがっていた。

青春になりたくない -2月11日04 Limited Sazabys 武道館公演-

-

時間は既に開演5分前。駅から会場までの道を全速力で走っていた。
なんでこんな日に、こんな大切な日に遅刻するんだと泣きたくなった。
浮かれて青山でお茶でもしようとのんびりしていて、気づいたら開場時間になっていた。
日頃の運動不足が祟って息切れする。足が重い。でもどうしても。今日だけは、走らなきゃだめだ。
ヒイヒイ言いながら到着。チケットを交換して勢いよくドアを開く。聞こえてきたのは何度も聴いてきたあの曲だった。


<いつから悲しいとか優しいとか涙の口実 君以外に何を取る いつかが正しいとか悔しいとか涙の抗議中 君以外に何を望む>


一曲目、“monolith”。
あの4人が日の丸の下で、ライブしてる。
本当にこんな日に立ち会えるなんて。
2017年2月11日。04Limited Sazabys初の武道館公演。
わたしにとっても武道館でのライブを見るのは初めて。初めての武道館は彼らのライブだと決めていた。


「名古屋のライブハウスから来ました!04 Limited Sazabysです!」


GEN(Bass/Vocal)の言葉に湧き上がる歓声。
この日この場所を選んで集まった多くのひとびと。こんなにたくさんのひとたちが、この4人のライブを見るためだけにここに集まっているんだと思うと、喉がくっと締まって胸が熱くなった。


“fiction”、“escape”の連続攻撃、RYU-TA(Guitar/Chorus)の「フォーリミ!フォーリミ!」「日の丸!日の丸!」の掛け声から始まった“Chicken race”等々、最新アルバムからはもちろん、“bless you”など懐かしい曲、アンコール、ダブルアンコールを含め全33曲。


「チームフォーリミの技術の結晶の日だからさ、みんな俺たちから目を離さずに、俺たちの輝いてる瞬間を見逃すな」


とGENの言葉から間髪入れずに“Grasshopper”。


<明日の自分はどうだ>


と曲のワンフレーズがンバーの背景に映し出される、たまらない。
曲ごとに照明も背景の映像も変わっていて、こういう大きな舞台だからこそできることだ。

急に静まった会場に流れる今日までの過去のライブ日程と映像たち。
そして日付けが『2017.0211』と表示されると、HIROKAZ(Guitar)の演奏とGENのアカペラで始まった“Buster call”。


どんなステージでも、例えそれが日本一敷居の高い体育館でも、普段のスタイルが全くぶれることなく、こんなところで止まらないもっともっと幸せになりたいという彼らの貪欲さが伝わるライブ。

そんな彼らから一瞬たりとも目が離せない、離したくない時間。


「俺たちはみんなの青春になりたくない。みんなと一緒に歳をとりたい。」


「できれば!一生一緒にいたい!」


その日、日本一の武道の聖地は、間違いなくライブハウスと化していた。


名古屋のライブハウス出身04 Limited Sazabys

彼らにはいつまでも光を照らし続けるバンドであってほしい。
ただ、ただ、先へ、進め。

猛暑、灼熱のライブ


813HEY-SMITHLet it Punk TOUR

@Zepp名古屋 w/04 Limited Sazabys




8月。その日の名古屋は痛いぐらいに日差しが強くて、ドロドロになってしまいそうな猛暑。

そんな日に、Zepp名古屋では燃え滾るようなライブが開催されていた。


7月から始まった“Let it Punk TOUR”もいよいよ5本目。

ツアーも終盤に差し掛かった名古屋での対バン相手は、今や名古屋のヒーロー04 Limited Sazabys


フォーリミのホーム、愛する名古屋のパンッパンのフロアを前にGEN(B/Vo)が


「名古屋代表!04 Limited Sazabysです!」


と叫ぶ。その姿はまさにヒーロー、大きな歓声と次々とあがる拳。

一発目、なにが来るかと待ち構えていたらなんと2ndフルアルバム『eureka』より“Feel”。全く予想していなかった一曲目。予定調和をぶち破る、これがフォーリミのライブの魅力だ。


「ツアーだからってお祝いの花を添えるつもりはない、ヘイスミを倒しに来た!」


と、ヘイスミへの戦線布告に会場が湧く。

そうやって噛みつきつつも、「YON FES(フォーリミ主催)を初めて開催するとき、一番に猪狩さんに相談した」「ヘイスミかっこいいんすよ、ずっとかっこいい兄さんです」と、リスペクトの言葉を述べた。

ラスト“monolith”が終わると、「やっぱ最後もう1曲やるわ!」と間髪入れず、定番のアカペラなしで“Buster Call”。始まった瞬間、クラウドサーファー続出。

やはり名古屋でのフォーリミはひと味違う。

ホーム名古屋でパワー全快のライブをやりきり、先輩へとバトンを繋げた。


いよいよ本日の主役、HEY-SMITHの出番。

昨年リリースした4thアルバム『STOP THE WAR』より“Instream”が流れ始め、ステージバックにメンバーたちが映し出される。

メンバーたちがステージに登場すると、待ってました!とばかりに湧き上がる歓声。ステージ前へとひとがなだれ込む。

会場の熱気アッツアツのなか、1曲目は3rdアルバム『Now Album』より“Living in My Skin”。


「安心してください。貴方達の前にいるのは本物のパンクロックバンドです。」


と、言い切る猪狩(Vo/G)。

その言葉通り、ヘイスミのライブは一切の手加減なし、全力でパンク。

Let it Punk”では会場中がパンクムード一色。

<Hey! One day you will die Just get it And make it>

というフレーズがたくさんのつきあがる拳のなか歌われた。

この日は『Let it Punk』からはもちらん、“Go Back Home”、“No Worry”など2ndアルバム『Free Your Mind』からふんだんに曲が盛り込まれていてファンには堪らないセットリストだ。

モッシュやダイバー続出のなか、それでも笑顔になってしまうのはヘイスミのライブの魅力のひとつだが、猪狩の言葉も大きな要素だと思う。


「しんどくなったらライブハウスに来い!なんかキラキラしたもの見せたげるから!」


「自分の好きなように遊んで帰れよ。隣のやつがどう思おうが、おまえの人生になんも影響ないからな」


この言葉で今日この場所この時間に自分はライブをたのしみにきたんだ、とハッとさせられる。


ライブも終盤、夏の曲やります!と“Summer Breeze”。もうすぐ終わる夏に想いを馳せ、会場に少しだけ涼しげな風が吹いた気がした。

そこからはもう止まらない。

ヘイスミの熱気に煽られ、ライブが終わってもなお会場からは「ワンモア!」の嵐。

その期待に応え、23曲やったにも関わらずアンコール!さらにダブルアンコール!

ダブルアンコールでは「フォーリミと出会ったころの曲します!」と、1stミニアルバム『Proud and Loud』より“Longest day”。

そして本当に最後、ラストでは“come back my dog”。フロアにいくつものサークルモッシュが出現。踊れ!という叫びで会場中がステップの嵐、その日一番の熱気だった。


名古屋、いや日本で一番熱い夜。

染みついた音楽の底知れぬたのしさは、汗なんかじゃ落ちないんだ。

↓載せていただきました。↓

http://ongakubun.com/archives/1478

しょうもないけど愛しくて

もう恋なんてうんざりだ。誰かを好きになって傷つくなんてもうまっぴらだ。

そう思っていたはずなのに、またひとを好きになる。


こうやってきっと繰り返す。

そうやって歳を重ねていく。


ちゃんとしなきゃと思う自分と、大人になんてなりたくないと駄々をこねる自分。


クソガキの主張を聞いてくれ。

大人になりきれないオトナの話を聞いてくれ。

この一枚を手にとって、その耳で聴いてくれ。

本当の話を聞いてほしい。


<恋もなければ愛もない しょうもないけど愛しくて>


思わず口ずさんでしまうワンフレーズ。

あの夜のことも、台所の換気扇の下でいっしょに吸ったタバコも、確かにあのときはわたしだけに向けられていた笑顔も。

もうないけれど、失くしてしまったけど、確かに愛していた。


ほんとにしょうもない人生だな。

でもそんな自分が一番かわいくて愛しい。


群馬県発、FOMARE

彼等にとって初の全国流通盤。

stay with me


¥540で変わる、今の視界。


ひとを好きになることは、そんなに悪いことじゃないかもしれない。


↓stay with me/FOMARE↓

https://youtu.be/6vkM5zTrTHI


読んでもらうということ

昨日ひとつの夢が叶った。

些細なこと、小さなことかもしれないけど、わたしにとっては本当に大きなこと。


自分の書いた文章が、読まれるということ。

こんなに嬉しいんだって気づいた。と同時に、ひとから知られること、読まれることを避けている自分に気づいた。


発信するということはすなわち賭けで、誰かのアンテナに引っかかる術だ。

運良くひとの目に止まって知ってもらえればいいけど、その逆批判もある。

だからこわくて友達にさえ見せてこなかった。


でも昨日は嬉しくて、数少ない友人や実家の母にも連絡した。


「わたしの書いた文章が、あの雑誌の、ネット版だけど、でも載ったんだよ!」


もっと書こう。もっともっといろんな音楽を聴いて、ライブを見て、文章を書こう。


頑張るって言葉は嫌いだけど、頑張ろうって心から思えた。


貴方達のライブのおかげです。

あの日のことを、書いてよかった。


↓接吻とフレンド(ハイパーホームランツアー日比谷野外大音楽堂 2017/5/4)/My Hair is Bad↓

https://youtu.be/gI2pOruKoFo



↓ちなみにこちらです。よかったら読んでみてください。↓

http://ongakubun.com/archives/1310



食べきれないほど大きなハンバーガー


新潟県上越市、マイヘアイズバッド始めます」


聞き慣れたセリフ、毎回新鮮なライブ


初めてワンマンに行ったあの日から一年。

去年の12月から始まったツアーもラストスパート。


勝手に今の自分のテーマソングだと思っている「告白(https://youtu.be/yR0KgP7OrSw )」から始まった


「ワンマンだから優しくしてくれたり甘やかしてくれるから甘えそうになるけど、今日が最後だと思ってやります。」


一切手を抜かない、妥協のないライブ


いつまでも反骨精神剥き出しのロックバンド


初めてのワンマンの日は、辛くて痛いとこをたくさん刺された気分で、そんなこと言うなよって泣いていた。このひとみたいに痛いほどひとを好きになって、愛してるとか好きだって口にだして言いたいってそんな風に思ったんだ。

一年経ったワンマンライブは、優しくて穏やかで、でも手抜きなし妥協なし、そんなライブだった。優しくなりたいって本気で心から思えて、最愛の果てで情けないほど泣けた。


そうだ、あの日も思ってた、このひとたちのライブで曲で泣いてしまうのがすごく悔しいんだ。

どうしようもなく胸を焦がす曲たちにやられてしまう、それがしぬほど悔しい。


まだ夏は過ぎてない、序盤だ。

どんな夏にしていこうか


「ドキドキさせてやる」


帰りに食べたハンバーガーが大きすぎて、食べきれなかった



↓woman's 全曲トレーラー/My Hair is Bad↓

https://youtu.be/7if44qhWDvc








おなかいっぱい


仕事から帰ってきて、シャワーを浴び、食事の準備をする。


今日の夜ごはんは和食。

ラブ刺身。ラブ味噌汁。

ラブ日本。


愛が溢れてしまった。

おいしいもので満たされた。


仕事に行く前にビーバーのこのアルバムを聴いていたら、涙ぐんでしまった。



↓『27』トレーラー/SUPER BEAVER↓

https://youtu.be/RvW51RMn-io