読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに。

21歳になりました。

be noble

毎日誰かに言い訳している。

いるはずのない存在に言い訳して、そうやって日々を生活している。

笑顔を浮かべて、歩いたり食べたり仕事をしたり勉強をしたり。それぞれが各々の生活を、各々の役割を。



<肩書きもなんも取っ払ったら最後に僕に何が残る?>



「僕」という一人称を使い、問う。


自分は、自分たち人間という「選ばれし種族」は、仕事も生活も全て取っ払ったら、最後に残るものは一体なんだ。

ご立派な態度を垂れているあのひとだって、本当は空っぽだ。

そして今を、現状を、失うのを非常に恐れている。平気な顔をしていたって、失うのが怖い。この感情はぬぐい切ることは不可能だ。


縛りつけるもの、全てを脱ぎ捨てて生きれたらどんなに楽だろう。

それが叶わないのが「現実」という名の化け物だ。


<誰よりも自分が誇れる自分になりたいよ>


こんなプライド置いて走りたい。

いらない。いらない。全部いらない。

嘘だ。欲しいものがたくさんだ、やりたいこともたくさんだ

もうだったら、この恐れも全て連れて、自分自身を叱って、進むしかないじゃないか。




↓Be Noble/ぼくのりりっくのぼうよみ↓

https://youtu.be/dlMN-_8dxos